マユ~。の読書中心の生活(新

アラフォーおひとり様の日常通信

疲れやすい人必見!『非筋肉トレーニング』って知ってる?

相変わらず、疲労困憊の
マユ〜。(@mayuu_pp)です。。。

既にいろいろ対策はとっているので、
後はやっぱり「筋トレ」かなー?と。

「筋肉」=「スタミナ」
みたいなイメージ、あるじゃないですか。

それで、筋トレについて検索してみたところ
ちょうどわたしにピッタリのものを発見!

それがこの『非筋肉トレーニング』なんです。


『非筋肉トレーニング』という名前ですが、
これも立派な筋トレの一種。

海外では「ファンクショナル・トレーニング」という名前で知られていて、
プロのスポーツ選手は以前から取り入れているらしいんですが。
日本では知名度が低いので、一般的な
「筋肉を大きくする」筋トレと区別がつきやすいように「非筋肉トレーニング」と名づけたとか。

で、この「非筋肉トレーニング」とは
何か?というと、

「既にある筋肉を使いこなせるようにする」

トレーニングなんです。

あなたにも「使えていない筋肉」がある!

驚きなのは、ほとんどの人が
持っている筋肉の3割ほどが使えていないという事実!

スポーツ選手でも、
この「非筋肉トレーニング」の運動が
上手く出来ない人がいるそうです。

なぜかというと、
「筋肉を動かす神経」が発達していないから。

つまり、脳と筋肉の連携、筋肉同士の連携
が上手くいっていないということ。

だから、この神経を鍛えて
各所の連携が上手くいくようになれば、
筋肉の量はそのままでも
より力を出せる・良く動けるようになるんだとか。

すると、同じ運動量でも疲れにくくなり
怪我も予防できるとなれば、
やってみるしかないでしょう!

トレーニングはシンプル!

「筋肉を動かす神経を鍛える」なんていうと、
トレーニングにも複雑な動きを
要求されそうな気がしてしまうんですが、
紹介されている運動はどれもとってもシンプル。

「こんな普通ので良いの?」
みたいな感じなんですが、
実際やってみると、まー効くこと効くこと!
確かに筋肉を使ってる感覚があります。

わたしの場合は特に、
背面の筋肉を全体的に使う運動
「シングルレッグ・デッドリフト」が
すごく効く!

はじめは1回やっただけでお尻から太ももの裏が痙っちゃって(汗
無理かなと思ったんですけど。

考えてみると
わたしはこの「背中」「お尻」「太ももの裏」といった骨盤周りが弱いらしくて、
普段の仕事中にもしょっちゅう痙ってたんですよね。。。

ここは、キツくても頑張って鍛えるべきかも!と思って
毎日チャレンジしていたら、
最近は3回くらいできるようになりましたw

注意点

ただ、あんまり頑張って
「回数を増やそう」としないほうが
いいみたいですね。

この運動に興味を持つ人はほとんどが
既に体調不良が気になってる状態だろうと思うので、
負荷を増やして筋肉を鍛えるというよりも
一つ一つの動きを丁寧にこなす。
「体に正しい筋肉の動かし方を覚えさせる」のが大事みたいです。

わたしもはじめ張り切りすぎて
腰痛が悪化してしまったので。。。(笑
今は様子を見ながら
各運動10回目安のところを
3〜5回ずつにしてます。

まとめ

。。。と、こんな感じで。

本を読んで2週間ほど、
腰が痛くない日は毎日続けてますが、

何というか、運動後には
今まで凝り固まってた
筋肉全体に血が通い始めるのがわかるんですよ!

この感覚が気持ちよいので
続けられる感じ。

一緒に紹介されているストレッチも
やってすぐから体が軽くなるのを実感出来るので良いですよ!

「体力をつけたい!」
という人はもちろん、
本格的にスポーツをしてる人にも
おすすめですよ( ^o^)ノ