マユ~。の読書中心の生活(新

アラフォーおひとり様の日常通信

ビジネス書評

疲れやすい人必見!『非筋肉トレーニング』って知ってる?

相変わらず、疲労困憊の マユ〜。(@mayuu_pp)です。。。既にいろいろ対策はとっているので、 後はやっぱり「筋トレ」かなー?と。「筋肉」=「スタミナ」 みたいなイメージ、あるじゃないですか。それで、筋トレについて検索してみたところ ちょうどわたし…

言われてみれば、疲れだって「体質別」だよね!『寝てもとれない疲れをとる本』中根 一 著 感想

この本は、東洋医学の観点から体質別に疲労対策する方法が紹介されてます。「疲労回復のための情報は溢れていますが、効果があるかどうかはその人の体質によって変わります」。。。言われてみれば、その通りじゃない!?

実はみんなそうだった!『なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか?』岩本武範 著 書評

最近はすっかり「コミュ障」の敷居も低くなって、もう誰でも当てはまるくらいになってしまいましたが。この本では、「特に多数(4人以上)の場で話に入っていけない」という状況に注目し、人間の脳にとって「コミュニケーション」とは何か?を踏まえて解消…

もっと、自由な時間を手に入れよう!『神・時間術』樺沢紫苑 著 書評

著者の樺沢さんは、精神科医・作家として多忙にもかかわらず、趣味や遊びも妥協せず、休息もおろそかにしない生活をしているそうです。そんな事ホントに可能なの?と不思議に思って読んでみました。

2017年4・5・6月に読んだ本7冊と、感想まとめ

前の月に読んだ本の振り返りをするこのシリーズ。でも、4、5月はナント合わせて3冊しか読めなかったということで。。。(汗今回は3ヶ月分をまとめてお届けします。

朝一番に見る物の大切さ『人生を変えるモーニングメソッド』ハル・エルロッド著 鹿田昌美 訳 感想

朝活をはじめて驚いたのは「朝一番に見たり、聞いたりした事の影響力の大きさ」なんですよね。これは、ヘンな物を見ないように気をつけないと!と思ったんですが。じゃあ何をしたらいいんだろう?というヒントになりそうだったので、この本を読んでみました。

「ビジネス書」の大事なお仕事

結局、どのビジネス書もジャンル毎に中心テーマは同じなので、ジャンルで一番有名な名著を読んだら、他のは読む必要ないかな?と思ってたんですが。ビジネス書の仕事・役割って、思想やメソッドの紹介だけじゃないんじゃないかな?と思い始めまして。。。

『いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学』 センディル ムッライナタン,エルダー シャフィール 著 書評

時間術の本には目がない マユ〜。(@mayuu_pp)です。 でもこれは 一見時間術の本かな?と思わせて 「欠乏の行動経済学」の方が本題。 それが予想外に興味深い話だったので 紹介したいと思います!

2017年2・3月に読んだ本6冊と、感想まとめ

わたしマユ〜。が、前の月に読んだ本の振り返りをするこのシリーズ。今回は2ヶ月分、2017年2月と3月の読書まとめをお送りします。

答えは「眠くなる前の仮眠」だった!

疲労がたまってツラい。。。でも最近、仮眠の仕方を見直したらずいぶん改善してきたんですよね!それが、「眠くなる前の仮眠」!だいぶ前に読んだ、睡眠に関する本に書いてあった方法なんですよ。

大きな声より「届く」声!『内向型人間が声と話し方でソンしない本』 齋藤 匡章 著 書評

わたしは声が小さいのが悩みですが、「声が大きい人」もニガテ。この本は「内向型人間が」と銘打つだけあって、その辺りの微妙な心理をくみ取って「大きな声を出さなくても、届く声」がテーマ!グッときましたよ。

再読のすすめ

この3年ほど、とにかく新しい本、読んだことのない本から知識を取り入れるのに夢中だったんですが、さすがに200冊近く読むと知ってる情報が増えてきて、「あ、これ前読んだ○○○と同じことを言ってる本だな」みたいなことが、よくあるようになってきたんで…

2017年1月に読んだ本5冊と、感想まとめ

前の月に読んだ本の振り返りをするこのシリーズ。新年明けて、この1月は5冊でした。もうすっかり週一冊くらいのペースになってしまいましたね(^-^;でも、読みたい本はしっかり読めたので良かったですよ!

努力が報われる人になる!『白いネコは何をくれた?』佐藤 義典 著 書評

良く聞く「マーケティング戦略」というのは、ビジネスだけでなく個人的な「人生設計」にも必要なものだと聞いて、いくつか関連の本を読んでみましたがイマイチ、ピンとこなかったんですよね。それが、この本を読んでようなく腑に落ちた感じ!

2016年12月に読んだ本6冊と、感想まとめ

先月読んだし本の振り返り。12月はちょっとだけ読書の時間を増やせました〜。冊数は少な目ですが、内容的にタメになるものが多かったですよ!

2016年に読んだ『ビジネス書』個人的ベスト12!

今年はトータルで111冊の本を読みました。マユ〜。です。その中で、ビジネス書は45冊。去年もそうでしたが、大きな影響を受けた本がたくさんあったので順位をつけるのが難しい!ということで、ジャンル別に良かった本を3つづつ紹介したいと思います!

すべてのカギは「生産性」!『自分の時間を取り戻そう』 ちきりん 著 感想

なんとかもうちょっと、自分の時間や体力を有効に使いたい!と思っているので、この本はタイトルといい内容といい、正に求めていた感じ!日本にまだ根強く残る「根性論」を卒業して、より幸福な人生を送る方法が紹介されています。早速読んでみましたよ!

あなたの人生を支配する「ビリーフ」とは?『なぜ、あなたは変われないのか?』古川武士 著 書評

人間、イヤになるくらい同じパターンの失敗をしてしまうものですが、その原因がネガティブな「ビリーフ」なんですって!その「ビリーフ」としっかり向き合い、人生の「悪いパターン」を繰り返さないようにできる。そんな方法、知りたいですよね!?

2016年11月に読んだ本5冊と、感想まとめ

前の月に読んだ本の振り返りをするこのシリーズ。11月は、また減って。。。5冊!(しかも1冊はゲームのガイド本w)うーん、もうちょっと読みたかった!でも、面白い本を見つけましたよ!

インスタで大人気!真似したくなる『楽しく、貯まる「づんの家計簿」 書きたくなるお金ノート』づん 著 感想

いざ家計簿をつけようと思うと、いろんなスタイルがあって迷うんですよね〜。そこで、今Instagramで「わかりやすい!」と話題になり、本にもなっちゃったという『づんの家計簿』を参考にしてみようかと。

2016年10月に読んだ本6冊と、感想まとめ

前の月に読んだ本の振り返りをするこのシリーズ。10月は、ガクッと数が落ちて6冊!今まで、何だかんだで10冊前後はキープしてたんですけどね〜。でも、そんな中でも読んだ本は当たりでしたよ!

やりたいことはすべてやろう!『ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。』 マイク・マクマナス 著 書評

普段からやりたいことはかなりやってるわたしですが、まだまだだな、と思ったのがこの一冊。「自分のワクワクを「すべて」大切にする事こそ、人間が生まれてきた意義である」という力強いメッセージで、1999年からのベストセラーですよ!

ブログは「自己紹介」!『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』菅家 伸(かん吉)著 書評

著者の菅家 伸(かん吉)さんといえば、ブロガー御用達のサービス「カエレバ・ヨメレバ」や、「わかったブログ」の運営で有名なブロガーさんです。これは、ブログサービスの基本的な使い方からマーケティングやブランディング、ライティングまで、ブログを始…

『HSP』と共に生きるために。『敏感すぎて困っている自分の対処法』苑田純子 著 感想

最近、『HSP』について知り、自分はこれだったんだ-!!と分かっただけでも、ずいぶん気持ちが楽になったんですが。やっぱり「生きづらい」体質なのには変わりない。。。そこで、同じ苦労をしている人に向けて書かれたコチラの本を読でみました。

貯金するには、まず断捨離?!『貯められる人は、超シンプル』横山光昭 著 書評

そろそろ気持ちを引き締めて、お金の管理を考えないとなー、と思っていたところで、家計再生コンサルタント・横山光昭さんの新しい本を発見!横山さんは、あの有名な家計管理法「消・浪・投」を編み出した、凄腕コンサルタント。今回はさらに「断捨離」もか…

2016年9月に読んだ本10冊と、感想まとめ

前の月に読んだ本の振り返りをするこのシリーズ。今月はゆっくりペースで10冊でした。もう「読書の秋」ですからね〜。がっつり長めの本を読んだりしたいんですが。。。まあでも、なかなか良い本がありましたよ!

人類は支配されないよ!『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』松尾 豊 著 書評

なぜ、人工知能が「ネコ」を認識できたのが大ニュースになるのか?この本を読めば分かる!ということで、前からそれが不思議だったわたしも早速読んでみました。

元ひきこもりが読む『ひきこもりはなぜ「治る」のか?』斎藤 環 著 書評

元ひきこもりなので、ひきこもりの情報が気になりますwわたし自身は、とうとうカウンセリングのようなものを受けずにひきこもりを脱しましたが、どういう感じでひきこもりの「治療」というものが行われているのか?気になったので、読んでみました。

人口の20%いる「HSP」を知りたい!『「敏感すぎる自分」を好きになれる本』長沼 睦雄 著 書評

最近、「内向型」の体質というのがある、と知ったマユ〜。です。外部の刺激に非常に敏感な脳に生まれついたことで、慎重で警戒心の強い「内向的」な性格になる、ということなんですが。ただ、同じような体質でも、外向的な人もいるよな〜?とちょっと不思議…

2016年8月に読んだ本11冊と、感想まとめ

前の月に読んだ本の振り返りをするこのシリーズ。2016年8月は、読書量が戻って11冊に!やっぱり『KindleUnlimited』が始まったのが大きかったですね〜!前から気になっていた有名本がいろいろ読めましたよ!